FC2ブログ
2019/02/16

解体前の建物

解体前の築後約60年の建物を観ることができました。
建物の作り方、木材の劣化状況など。

一部雨で傷んだ壁はありましたが、通気性が大変良いためでしょう木部の痛みが少ないように思えました。
屋根の瓦はまだ新しく一度替えたことが伺えます。
木製の建具も『そり』など見られず、良い状況であることに技術の高さが思えます。

20190215.jpg

60年前は板に囲われただけの断熱材もない厳しい環境だったんですね。
断熱材が入った今の建物のありがたさを思います。
建築 | Comments(0) | Trackback(0)
2019/01/25

聖天宮

坂戸市にある道教の神社『聖天宮』の天井を見上げると不思議な木目。
一旦塗りつぶしてから描くとのこと。

これも文化なんだな~
それにしてもかわいらしいこと!

20190124.jpg

最初に知ったのは、「台湾に連れていってあげる。」と言う知人に、連れてきてきてもらったのがここ。
興味深い謂われの建物です。
建築 | Comments(0) | Trackback(0)
2018/03/11

震災後 7年

東日本大震災から7年になります。
震災後、気仙沼を訪ねた時に驚いたことは、標高がずいぶん高い位置まで「津波がここまで来た」と表示があったことです。
谷あいを埋め尽くす水のボリュームを考えると計り知れない恐ろしさを感じました。

20180311.jpg

高台にある石山修氏が設計したリアス・アーク美術館には震災についての常設展示があり、展示品やそのコメントから伝わる一瞬で無くなった日常に、言葉が出ませんでした。
建築 | Comments(0) | Trackback(0)
2018/02/11

菅野美術館

恐ろしいことが起こってしまいました。
確定申告のための作業をしていたのですが、不手際から・・・削除のボタンを押してしまい、入れ込んだ項目のほとんどが消えてしまいました(T_T)

20180206.jpg

作業をしながら少しだけ楽しいのは、出掛けた先など思い出し浸る時間です。

塩竃では、そこの道車が曲がれるの?とか、脇を磨ってしまいそうな住宅街の狭い道をくねくね進んだ先の菅野美術館。
設計は阿部仁史氏です。
チャールズムーアなど著名な作家の彫刻が数点だけ置かれた小さな美術館ですが、展示品それぞれをゆっくり見ることができ、建築も面白く、こんな美術館がたくさん増えるといいなあと思えました。


建築 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/12/15

『西山荘STREET』の見学会

建築士会 入間部会主催の建築見学会で、入間の建築設計事務所 独楽蔵さんが改修設計を進めた『西山荘STREET』の見学会に参加しました。

クライアントさんが求めていた空間以上の空間を提案されたように思います。

20171215.jpg

勉強になります。
建築 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »