FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/30

ちょっと考えた『京都』

今日は、トイレの話です。
日経BPケンプラッツに、調査した9割以上の小学生が洋式トイレを支持したという記事がありました。かつては、洋式のトイレの使い方がわからなくて・・・などという話を聞いたこともありますが、今の子どもは、和式のトイレを知らない子どももいるようです。

洋式のトイレは、体に負担が少なく、汚れにくいので、最近携わった住宅では、すべての方が洋式トイレを希望されました。
和式の場合は、床を一段下げて水洗いできるようにタイルで仕上げられていたこともありますが、もはや一段下げる必要は無いように思います。

torii 010

書こうか書くまいか、ちょっと考えた『京都』
『柊屋』さんの御池通りに面した黒い板塀の足元の、点々と赤い鳥居のマーク。『小便無用』という暗黙の了解ですね。『柊屋』さんも困ってのことだと思いますが・・・。(これが『京都の粋だ!』という人、いらっしゃらないでしょうね?)

♀としては、これが、どうもいただけません。『してない』とは思いますが、これがあることで、臭ってくるような気がして・・・。
暗がりで、壁があって・・・が、そうさせているような気がします。フットライトをつけ明るくするとか、花を植えるとか・・・どうでしょうか?
スポンサーサイト
| Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/28

はなみずき

いつも通っている『はなみずき通り』。道の両側にやせ細った木が植えられていましたが、いつのまにか見上げるようになっていました。
かつて、横浜から入間市へ向う途中、真っ白な『女王様』とでも言いたくなるような、はなみずきの高木を見たことを思い出します。桜とは違う、威厳のようなものを感じました。

hanamizuki.st 002

日本庭園はいつも同じでつまらないと思っていたこともありますが、成長する植物を、美しい状態に維持することは大変なことだと思います。どのように手入れされているのかなど、興味が尽きません。
つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/27

『空』が見えた記憶

一昨日の雨の後、昨日今日と、清々しい初夏を思わせるような青空でした。

京都記憶 034

京都で
駐車場ができる前は、ビルの壁に残っているような町屋が建っていたのでしょう。
そして、ビルが建つまでは、町屋の屋根の上に青空が見えたはずです。
つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/24

おもてなしの心

京都の老舗旅館『俵屋』さんと、『柊屋』さんは道を挟んで建っています。
車が2台並ぶことができたので、それなりの道幅を持った通りのはずですが、『路地に面して、そっけないくらい、さりげない玄関がある』という印象でした。
一般的なホテルでは、車を利用する人のために車廻しに大きな庇をつけるなど、玄関が仰々しくなってしまいます。このような京都のさりげない、打ち水(おもてなしの心?)が似合う玄関が好ましく思えました。

tawaraya 016

『俵屋』さんは、時折雑誌に掲載されることがあり、しつらえの美しさに時を忘れてしまいます。そして、作り出している人々の美に対する感性に想いをはせます。
吉村順三先生が改修をされており、一度泊まってみたい旅館です。
つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/24

少しの手間で

楽しいこと、美しいことのためには、多かれ少なかれコストと手間がかかるような気がします。
建築の場合もそう言えます。

食卓には天井から吊り下げる照明器具(ペンダント)をお勧めします。
天井につりつけられた照明(シーリングライト)の室内全体を照らす平面的な灯りと違い、程よい高さの照明は、灯りでいろいろな用途を持った室内を、『食事の場』にします。

そのためには、ペンダントに積もる埃をふき取るという、少しの手間が必要かもしれません。

チューリップ入善町297

首の長いチューリップが風にそよぎゆれていました。
富山県入善町のチューリップ畑です。畑の向こうには、北アルプスが見えるのですが・・・。



つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/22

唐長

京都では念願の『唐長』へも行くことができました。

以前、床の間に唐長の唐紙を使ったことがあります。その時は、サンプル帳をお借りし、その中から選んで使いました。現在では、そのようなサービスは無く、修学院工房での打ち合わせによるようです。
代々伝わる版木が傷んできているためのようですが、少し敷居が高くなってしまったような気がします。

しかし、唐長の唐紙のすばらしさは期待を裏切りません。
唐長の三条サロンは、アンテナショップとも言えるかもしれません。唐紙をふんだんに使った空間で、唐紙の使い方、唐紙の魅力を満喫できます。興味をもたれた方には、ぜひ三条サロンへお出かけになることをお勧めします。美術館にいるような時間を過ごすことができます。
また、四条烏丸店では、カードなど買い求めることができます。

4月24日NHKの教育TV『美の壺』のテーマが『襖』のようです。
その中で、唐長の唐紙も取り上げられるのではと思って楽しみにしています。

唐長 067

京都では店先の『庭』も勉強になりました。
唐長の三条サロンでは、白い山吹、富貴草と共に、一株のクリスマスローズが植えられていました。
庭を造った方は、京都の老舗旅館『俵屋』さんの庭をなさる方と伺いました。
ご案内 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/21

靴脱ぎ石

店先の風情に引かれ、お蕎麦を食べようと入ったお店が、江戸時代から続く京都の蕎麦の老舗『晦庵河道屋』さんでした。(亡くなった白洲正子さんも通ったようです。)河道屋さんは、後から気がついたのですが、♀が好きな『そばほうる』のお店でもありました。

京都 河道屋 023

土間に埋められた靴脱ぎ石で靴を脱ぎます。
その後、お店の方が靴脱ぎ石の脇に靴をそろえて置いてくださいます。

つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/20

京都で

京都では、350年続いているという書院を訪問しました。
今でも手作業で木板を彫って制作し、和綴じの本にすることもあると伺いました。
版木は大切に保管され、持ち出し禁止のことも多く、その場で手作業で刷ることもあるようです。

京都 048

京都の町は、新しい建物が並ぶ通りでも、一本裏道に入ると古い建物が残っています。古い建物の雰囲気を上手に利用し、若者も集まるような場所になっています。


| Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/16

花々詞(かかし)

先日、建築中の建物を見せていただくために川口に行きました。そこで、毎日でも通いたいような花屋を見つけました。
『花々詞(かかし)』という名前のお店です。さりげなく静かな花が、冷蔵ショーケースの中ではなく置かれていました。
4月4日に開店したばかりと聞きました。イオンモールのすぐ前です。
近所にもあって欲しいような、お店です。

欲しいと思ったクレチマスは、残念ながら売約済みでした。記憶にとどめておきたいと思い、撮影させていただきました。
そして、霧の中に溶け込むような『フランネルフラワー』を包んでいただいて帰りました。

kuretimasu 116

明日早朝、京都へ向けて発ちます。明日のブログは、お休みします。
ご案内 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/15

更新の時期

筑後20年を経た住宅のリフォーム工事で、既存のサッシを更新するかどうかで相談を受けました。
増築部に取り付けた新しいサッシが、とても軽く開閉できるので、既存のサッシの重さが気になられたようです。

コストの負担が問題にならないようであれば、ペアガラスが入った断熱サッシに変えることをお勧めします。結露対策(全く発生しないというわけではありませんが、減ります。)と共に、冷暖房の負荷が小さくなります。

しかし、コスト面を考えての相談でしょう。
このような場合、サッシの状況で見極めるのはもちろんですが、その他に建物の寿命を考えます。建物の寿命は、建物の劣化だけでなく、暮らし方(暮らす人の世代交代など)によっても変わってきます。
劣化という点では、相談を受けたサッシは、重くはなっていますが、まだ使えそうです。
今後10年くらいで建替えをお考えであれば、既存のサッシの戸車を替えることで、だいぶ軽くなるので、使い続けることができるでしょう。
しかし、20年、30年と建物を使い続けることを希望されるようであれば、この時期でペアガラス入りの断熱サッシへの交換をお勧めします。

さくらめいと 076

池原先生が設計された熊谷市の熊谷文化創造館『さくらめいと』の水盤には、建物がゆらゆらと映っていました。
『太陽のホール』の舞台の背にある石張りの巨大な扉を開けると、水盤に浮がぶ屋外ステージと一体になります。観客は、屋外からも観ることができるようになります。
外部と内部がつながり一体になることで、多様な使い方ができるよう考えられています。
建築 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/14

借景

計画中の住宅の敷地の北側の隣地には、梅の木が植えられ下に菜の花が咲いていました。

早春。1階の玄関の扉を開けるとガラス窓の向こう一面に梅の花が見えたら素敵です。
2階のリビングの北側にも、あまり高くない位置、ソファに座っ時の目の高さくらいにの横長の窓が欲しいと思っています。窓を開けると、梅の香りがするでしょう。

m-sikiti 019

隣地が、公園、社寺等では緑地が保存されることが多いので、借景として建物を考えることができます。しかし、隣地が畑地の場合は、残念ですが、住宅が建てられる等で、借景になっていた緑がなくなる可能性があります。
プランを練る場合、敷地の将来を考えることも必要だと思います。
つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/13

しだれ桜

提案した住宅の見積もりが出、減額の検討が必要になりました。

このような場合、建具(扉など)を減らすこと考えます。
キッチンとダイニング・リビングの間の扉は本当に必要かどうか、WCと洗面所の間の扉を無くしてはどうか。また、壁一面のクローゼットの扉をなくし、ステンレスのハンガーパイプと棚にしてはどうか・・・扉一枚ですむウォークインクローゼットにしてはどうかなどを提案します。

枝垂桜

思いがけない場所で、ライトアップされた枝垂桜を見かけました。繊細な枝に咲く桜が、流れ落ちる瀧ようにも見えます。
所沢市宮本町の『新光寺』です。

仕事 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/10

居心地が好い『雑然』

玄関ドアに付けられた小さなフックに、庭で摘んだ葉っぱを挿した小さなカゴがかかっています。玄関のたたきの壷には、季節の枝ものが生けられています。マンサクだったり、桃だったり。
打ち合わせの場所になるキッチンのテーブルにも、小さなグリーン。にんじんの葉っぱだったこともあります。

『うちは、雑然としていて・・・』とおっしゃいますが、なんと居心地が好い『雑然』なのでしょう!

moon 009

打ち合わせが終わって、空を見上げると『おぼろ月』でした。

つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/09

暮らしとともに変わる家

参加したいと思っていたコンペが中止になってしまったようです。
厳しい条件でしたが、クライアントの『将来を見据えて』という言葉に力を得、いろいろ検討し、役に立てるかもしれないと思った矢先で、とても残念です。

住宅は新築時で完成形ではなく、暮らす人の生活と共に変わってゆくものではないでしょうか。たとえば、吉村順三先生が設計された東山魁夷邸もそうです。必要に応じて増築が繰り返されています。人生の節目節目で、建物に求めるものも変わってくるのものです。
クライアントのこれからを考えながら、提案することも設計事務所の仕事の一つだと思っています。

クライアントが、良い材料で丁寧に考えられた住宅で暮らすことができるよう願っています。

桜no 149

満開の桜の足元にも春が来ていました。
このような花も好きです。
つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/08

効果的なタイル

『建物の中に入った時、真っ先に天井を見上げるのは、建築関係の人』と、聞いたことがありますか?
ある建築家の奥様は、『一緒に買い物に行っても、お店の壁を手でさすっているのよ。壁の方を向いて!』と笑っておられました。
観察していると、どうもそのような人が多いような気がします。

普通の人は、最初に床・道など下に目が行くことが多いようです

青森駅

青森駅で見かけた床タイルです。一目で、青森の夏の夜祭り『ねぶた』が浮かびます。
街のアピールになっていますね!

| Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/07

街で

街で楽しいものを発見しました。
歩道に面して水槽があり、大きな魚が悠々と泳いでいます。
学校から帰る途中、水槽に見入る子どもたちを思い浮かべました。

水槽117

水槽は南向きのようです。夏になったら、『すだれ』で日差しをさえぎるのでしょうね。きっと。

日差しが入る室内は大変気持ちが良いのですが、店舗の場合、たとえば、花屋さん、お惣菜屋さんなど、北向きが良い場合もあるようです。


| Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/06

さくら さくら

2世帯住宅にするためのリフォーム工事が進んでいます。
1階のクライアントの居住スペースの上に、ご子息の家族が暮らすことになります。

ご子息は、床をフローリングにすることを希望されていました。しかし、戸建てでは、床の防音は難しく、1階のご両親に配慮し、絨毯をお考えでした。私たちは、お子さんがキャスター付きの椅子で勉強されるとのことを伺い、ある程度の硬さを持ったタイルカーペットを提案させていただきました。

絨毯は、ほとんどの場合下地にクッション材のフェルトを入れます。柔らかく、膝にも良いようですが、キャスターを使う場合、沈み込んで動かなくなります。また、車椅子の場合も同様で、移動に大きな力が必要になります。
タイルカーペットは、このような場合、程よい硬さを得られます。

hiyodori 015

満開のさくら。風も無く、暖かい日でした。

仕事 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/03

和紙のあかり

多摩湖の周辺の桜もだいぶ咲いてきました。
これまで工事中だった堤の工事も終わったようで、4月4日の式典の後には、お花見ができそうです。

西武園遊地light  105

多摩湖畔の掬水亭のロビーの照明器具が、きれいになっていました。数日前、従業員の方が、古くなった和紙を取り外し、新しい和紙を折り直して取り付けてくださったとのことです。かかわった(♀の池原事務所での一番最初の仕事が、掬水亭の外壁のタイルの目地を描くことでした。)建物が大切にされているのを見るのは嬉しいことです。

掬水亭でも『桜御前』など趣向を凝らし、来客を待っているようです。
美しいもの | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/02

家を『つくる』ということ

エイプリルフールを楽しむ間もなく、もう1年の1/3が終わったことに驚いています。

好きな街に建築される予定の住宅のコンペ(設計競技)があります。しかし、『参加』に踏み切れないでいます。
住宅は、住み手のお話を伺う過程を経て、『作っていくも』のだと考えています。
しかし、このコンペのクライアントが提示している条件は、竣工まで4ヶ月です。これではどのように暮らしたいのかということを聞く、十分な時間をとることができそうにありません。
コンペで気に入った『家を選ぶ』という感覚なのかもしれませんが、少しデザインされた建売住宅を買うのとなんら変わらないような気がし、残念な気がします。

住まい手には、『家をつくる』楽しさと大変さを体験してもらいと考えています。そうすることで、より大切に、愛着を持って住み続けることができると考えています。

西武園遊園地gate 048

青空に浮かび上がっているのは、西武園遊園地の中央ゲートです。♂が池原先生の下で、西武球場の次に担当した仕事です。

白くペイントされた今も美しいのですが、当初は、クレヨン・パステルのようなタッチで部分的に彩色されていました。池原先生の師でもある今井先生の仕事でも見られるような、彩色はとても好きなのですが、当時の写真が見当たらないのが残念です。
今度、古い建築雑誌を探してみたいと思います。
建築 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。