FC2ブログ
2012/07/30

久しぶりに愛宕神社の骨董市

入間市の愛宕神社では、毎月27日に、骨董市が開かれています。
思い出し、事務所に行く前に立ち寄りました。
8時半。準備中のお店もありましたが、並べられたものを見ながら交渉している人もちらほらいました。

20120730.jpg

楽しみにしているのですが、ついうっかり忘れてしまうこと多く、久しぶりです。いつもはガラスに引かれるのですが、今回は目についたのが『柱時計の部品』。

どんなふうにしようか、ただ壁に取り付けても面白そうだし・・・しばし、あれやこれや考える楽しい時間を持ち、値段を聞くと買えない金額ではないけれど・・・。
貴重な『ばね鋼』らしいんだけれど、そこのところ「素材」はあまり関係なく、かたちが美しい。
欲しいんだけれど、自分でこのくらいだったらと勝手に付けてみた値段よりちょっと高いのであきらめました。
| Comments(0) | Trackback(0)
2012/07/25

緑の深さに驚きます

入間市の黒須地区を歩いてみた。
ヴォーリズの教会があり、石川組製糸の迎賓館だった西洋館が目を引きますが、町の中にも入間市の歴史が残っています。石川組製糸の女工さんが化粧品を買いに来た店とか、住む人に伝わり当時の記憶がまだ残っています。
拾い上げるのは今しかないような気がします。

20120725.jpg

教会と西洋館が見渡せる丘からの写真です。国道16号線側から見ると造成され無残な状況ですが、緑の深さに驚きます。
草木染めをされる方が、ここに大きな『そよご』という木があって、実を取りに来たそうです。とてもきれいな水色に染まると話していました。
| Comments(0) | Trackback(0)
2012/07/23

リネストランプ

何気なくのぞいた乃木坂の『ギャラリー間』で開催されている『スタジオ・ムンバイ展 PRAXIS』で、『新鮮な気持ち』を得てきました。
そして、南の国の堅そうな木でつくられた模型に、素材の持つ力とでもいうのでしょうか、心地よい湿度と栄養をもらったような気がします。

20120723.jpg

ギャラリーの中にリネストランプが使われていました。長い蛍光灯のような形をした中に、白熱のフィラメントが入った器具です。

光だけが美しく見えます。明るい光ではありません。暖かい色の光で、お化粧を直すような洗面所では使えませんが、引っ越す前の事務所の洗面に使っていました。また、寝室の光としても使わせていただいたことがあります。どちらも、少し暗いのではとも思ったのですがとても安まる光です。

環境 | Comments(0) | Trackback(0)
2012/07/19

どうしたら涼しく暮らせるか・・・

撮ったアジサイをブログに載せる前に梅雨あけしてしまいました。

これからムシムシと暑い日が続きます。どうしたら涼しく暮らせるか・・・。
引っ越す前の事務所は北と南に大きな窓があったので、風が通りました。今の事務所は、一面にしか窓が無いため通風は期待できません。

パソコンを使う事も多く、オーバーヒートにならないよう、これまであまり使わなかったエアコンのお世話になっています。設定は29度。外気温に比べ相対的に低いので十分です。
電気料金の請求を待たないと確かなことは解りませんが、数年前に比べ、エアコンの性能が格段に良くなっているような気がしています。

20120718.jpg

このくらいの色の紫陽花が好きです。
環境 | Comments(2) | Trackback(0)
2012/07/17

雲の理由

群馬県館林市で39度を越えたと報じられていました。

現場では、養生のシートに覆われた中で、職人さんが仕事をしていました。
打合せのために、下に置いた図面を見ると、一瞬にしてポタポタと汗が。イヤー暑いですねーと。
返事をし、振り向いたガス工事の職人さんの汗が、遠心力で飛び散ったのが見えました。

201207172.jpg

青空快晴の空の反対側を振り返ると不穏な雲が・・・。

これが、雨雲になるかも・・・。  ← なりませんでした。

なぜ、そこにそんな雲が発生したのかを考えるのが、最近のマイブームです。
つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
2012/07/15

アガパンサス

d-lab galleryでの「鈴木博子写真展 ―夢の途中―」。250人を超える本当に多くの方にお出でいただきありがとうございました。
これからも、皆様に見て良かった、参加して良かった、そんな催し物を企画して参りたいと思っております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

20120714.jpg

進行中の現場の用事で乃木坂のショールームを訪ねたついでに、六本木ヒルズへ足をのばしました。「テマヒマ展」が開催されている21_21 DESIGN SIGHTへ向かう広場で、アガパンサスを見かけました。
以前、朝倉彫塑館で見かけて以来『使える!』と思った花です。

『使える』とは、清楚で美しく、和の空間にも洋の空間にも似合いそうなこと、午前中日がさす程度の半日陰でも育ち、初心者でも扱いやすい点です。
アガパンサスは白も好いのですが、紫がもっと好きです。
| Comments(0) | Trackback(0)
2012/07/11

イマイチの食器は丈夫!?

良いものを見ると目が肥えてきます。
本当に良いのもだけに囲まれて暮らしたいな~と思うのですが、イマイチの食器は丈夫で、気に入っているものは壊れやすい!ような気がします。丁寧に扱っていたつもりだったのですが・・・。

JAL 20120710

JALに鶴丸のマークが帰ってきました。やはり美しいと思います。
美しいもの | Comments(2) | Trackback(0)
2012/07/05

嬉しかったこと 「また来てくれたの!」

d-lab gallery「鈴木博子写真展 ―夢の途中―」、初日から大勢の方にお出でいただきありがとうございます。
当たり前のことばで申し訳ありませんが、これもひとえに鈴木さんの写真の魅力でしょう!

20120705 048

夜のギャラリーは、オーナーの特権です。昼とは違った魅力があります。

素敵なことがあったと友人から聞きました。
学校帰りの数人の小学生が興味がありそうな様子で表を通ったので誘ったところ、中でキラキラといった印象で写真を見ていたとのこと。帰りがけに友人が「また来てね。」と声をかけたところ「はい。」と帰ったようです。
そのあと、着替えて戻ってきた一人の子供が入り口でもじもじしていたので、「また来てくれたの!」と声をかけると、嬉しそうに入り、「お猿も蛙も好きなの。うちではいろいろな動物を飼っているの。」と、話しながらもう一度見入っていたようです。

嬉しくて、嬉しくて!!!
d-lab gallery | Comments(0) | Trackback(0)
2012/07/03

鈴木博子写真展 ― 夢の途中 ―

d-lab gallery のご案内

「鈴木博子写真展 ― 夢の途中 ―」

 7月5日(木)~7月10日(火) 11:00~18:00

20120703.jpg

鈴木博子さんは、埼玉県入間市在住で数々の写真展で入選されておられる方です。
最初に見たのは、「茶房 アトリエ ワタナベ」での『蛙』の写真でした。蓮と蛙の組合せの面白さと、蛙の緑と蓮の緑が美しい写真でした。
なんて素敵な写真を撮る方でしょう!と思っていたのですが、このたびd-lab gallery で写真展を開催していただける事になり、大変感激しております。

案内のポストカードをお渡しした人のほとんどが、「鈴木さんの作品展なら行くよ。」と言ってくださいました。

撮影された写真を拝見し、急遽会場を広げることにしました。
初めての写真展になります。
素敵な写真が、素敵なままに見ていただけるよう、準備をしなければ!
d-lab gallery | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME |