--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/12/06

一人の作家のための魅力的な美術館

ずいぶん時間が空いてしまいました。
体調を崩し右往左往の一年。
一段落し、先へ進むことができるようになりました。
改めてこれからもどうぞよろしくお願い致します。

少し前になりますが朝日新聞に『ここにしかない「明確な姿」』とし『一人のための美術館』として、碌山美術館、谷村美術館、秋野不矩美術館が紹介されていました。
建築的にも魅力ある美術館で、どこか素敵な美術館は無いかと聞かれたら、真っ先に上がる美術館です。

最近では、それに加え軽井沢の『軽井沢千住博美術館』をあげます。

20151206.jpg

季節によって美しいリーフガーデン。
千住博の作品に合った透明感のある美術館。ゆるいスロープが奥へと誘います。


建築 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
ご無沙汰しております。
体調を崩されていたとのこと、しばらくは大事をとってご自愛くださいね。

さて、紹介されている美術館、どちらも行ってみたいと思いつつ、未だ足を運べていないところばかりです。
美術館って、作品を堪能するのはもちろんですが、そこに身を置くという上等な時間でもありますね。
Re: No title
麻さま
時折ブログを訪ねていただきありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。