FC2ブログ
2008/10/04

その場に身を置いて

木造の架構が美しい、秩父市にある『彩の国ふれあいの森』の森林科学館とこまどり荘(宿泊施設)の見学を計画しています。
秩父市は、合併で埼玉県のおおよそ15%の面積を占める大きな市になり、『ふれあいの森』は、その山深い地(秩父市のホームページには『熊』の情報もあります。)にあります。事務所から、車で3時間くらいかかりそうです。

建築は、写真を見だけではわからないというのが実感です。実際に行き、その場に立つと良さが伝わってくるものと、その逆の場合もあります。どこにいても情報が得られる時代ですが、実際に体験することを大切にしたいと思っています。

現代美術館 048

柳沢孝彦氏が設計された、東京都現代美術館です。ガラスに貼られたストライプのカッティングシートと、外壁のパンチング、外の木々に、木漏れ日のような優しさを感じました。

建築 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示