--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2018/03/11

震災後 7年

東日本大震災から7年になります。
震災後、気仙沼を訪ねた時に驚いたことは、標高がずいぶん高い位置まで「津波がここまで来た」と表示があったことです。
谷あいを埋め尽くす水のボリュームを考えると計り知れない恐ろしさを感じました。

20180311.jpg

高台にある石山修氏が設計したリアス・アーク美術館には震災についての常設展示があり、展示品やそのコメントから伝わる一瞬で無くなった日常に、言葉が出ませんでした。
建築 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。