--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/05/23

時の経過とともに魅力的に

以前所属していた事務所で、担当させていただいた、早稲田大学所沢キャンパスの見学会の企画があり、久しぶりに行ってきました。

竣工当時は、植栽もまばらで、グランドが広く感じられ、バスを降りてから校舎迄、少し遠いなと思っていました。
20年を経た今、欅並木の木漏れ日が美しいアプローチ道路を抜けると、カール・ミレスの「人とペガサス」が空に現れます。そして、校舎へのブリッジが、気持ちよく続きます。時間によって、魅力的な空間になったような気がします。

人とペガサス

カール・ミレスはスウェーデンの彫刻家で、一連の彫刻は、スウェーデンの国宝となっており、「人とペガサス」は、その中のひとつです。
建築 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。