FC2ブログ
2009/01/22

行き詰まること

見積もりを工務店に依頼すると、ほとんどの場合、いわゆる定価ではなく、それより安い金額で出してくれます。設計事務所で、工事の金額を把握しながら仕事を進めるためには、どのくらい定価より安く考えて良いのか、大まかでも知る必要があります。扱い慣れているものに関しては推測できますが、初めての材料の場合、大変困ります。
メーカーに聞いても、工務店さんに聞いてくださいと返ってくることがほとんどです。設計事務所がメーカーに直接聞く場合、工務店が決まっていない場合なので、そこのところ、何とかならないものかといつも思います。

最も困ることは、その材料を使って、こちらが考えているような加工が可能なのか知りたい時に、工務店さんに相談してくださいと言われると、この材料を使うのはよそうと思ってしまいます。

高架水槽 010

お手伝いさせていただいていた、集合住宅の専有部給水管のライニング工事と、共用部給水管の更新工事が終わりました。これまで高架水槽を利用していたのですが、これからは、市水直結になります。この高架水槽もまもなく解体されます。
このような、高架水槽があちこちに見られましたが、給水方式の変化に伴い、少なくなることでしょう。

つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示