FC2ブログ
2009/02/07

カザルスホール閉館

御茶ノ水のカザルスホールが閉館すると、朝日新聞の記事にありました。
カザルスホールは、ヴォーリズが設計した『主婦の友社』の建物の跡地に、磯崎新氏によって設計されました。
誘われ、弦楽四重奏を聞きに行った記憶があります。
ヴォーリスの記憶を残し、磯崎氏のテイストを加え、音楽ホールとして再構築されたように感じました。建替えの成功例として挙げて良い建物だったと思います。

カザルスホールの閉館は、日大キャンパスの再開発のためのようです。竣工は1987年なので、まだ、22年しか経っていません。今後、どのように扱われるのか気になります。

最近行く機会があった、早稲田大学・芝浦工業大学も、建築学科を持つ大学ですが、新しい校舎・図書館など、設計者の顔が見えにくい、大手設計事務所の手でなされていることに、一抹のさみしさを感じています。

閑谷学校

岡山県備前市にある、国宝の『閑谷(しずたに)学校』の講堂です。閑谷学校は、備前藩主池田光政が開いた、日本最古の庶民のための学校との事です。
山間にあり、空気だけでなく、建物も清々しく、きりりとした子どもたちが学ぶ姿を思い描くことができます。


建築 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示