FC2ブログ
2009/02/09

火災の原因

木造住宅の耐火性について学ぶ機会を得ました。
講師は、設計事務所を主宰する傍ら、早稲田大学で建築防火の研究をされている安井先生です。
これまで、木造建築物は『火』には弱いと思っていました。しかし、燃え方を制御することで、火災に対して被害の少ない木造建築を作ることができることを知りました。

空気が乾燥しているこの時期、新聞では火災の記事が多くなります。1年に約2000人が亡くなっているようです。
出火原因は、『コンロ』が5899件と飛びぬけて多いのですが、2位『放火』と4位『放火の疑い』を合計すると5202件にもなるようです。(2006年)
『放火』による火災が、こんなに多いことに驚くと共に、先進国特有と聞き、考えさせられます。
燃えやすいものを、建物の周辺に置かないということも大事なことです。

ちなみに、出火原因の3位は『たばこ』3182件です。
火の、始末には気をつけましょう。

ダクト 014

ダクトやアンテナなども街の景観を形作るものの一つです。
時折、絡み合うように壁面を覆うダクトを見る事があります。工場地帯などでは、『美しい』と感じられるような景観をつくっていることもあります。

          
| Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示