FC2ブログ
2009/03/04

見つけたこと

宮大工の棟梁が書いた本の中に、『鋸(のこ)』を見つけました。

読み終わり、奥付の前のページに、ギザギザがあることに気がつきました。図書館の本だったので、一瞬、心無い人が・・・と思いましたが、これは、『大工の棟梁が書いた本』です。
『鋸』・・・を発見し、少しばかり得意になっています。

本奥付 012

カバーの後ろの見返しには、千葉県市川の法華経寺祖師堂の現場で、工事を請け負った清水建設の作業着(これも、発見の一つ。清水建設に依頼を受け、修理に参加したのかと・・・。)を着た松浦さんの写真が載っています。

読んで、とても満足した本だったので、装丁も含めて、じっくり見ました。
つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示