FC2ブログ
2009/03/09

設計にあたり思うこと

設計のための時間が欲しいと思うことがしばしばです。クライアントが何を求めているのか、もう少し聞きたいと思うことが少なくありません。

設計を依頼される場合、予算はこのくらいで、このくらいの部屋が欲しいという要望が多いのですが、本当に知りたいことは、何を大切にし、どのように暮らしたいかと言うことです。
クライアントの要望はさまざまです。『家に求めるもの』が違ってくると、仕上げ・形が変わるのが当然です。金額と言う大きな前提は、なかなか崩すことは難しく、可能な範囲で、何を大切にするのかということを共有できていないと、納得していただけるような設計ができないような気がしています。

014江戸博

江戸東京博物館に常設展示されている『江戸の町』の模型写真です。
近くの山の木・土で作られた家々は、材料・形とも共通な点が多く、統一感のある町並みが形成されています。
つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 見つけた春 | HOME | 時計 »