FC2ブログ
2009/03/31

コストの考え方

築後20以上を経た西武園遊園地を訪ねました。
ステンレスは現在でも腐食していませんが、鉄は厚く塗装を重ねられボテボテになっていたり、そうでないものは腐食しています。ステンレスの場合、初期費用は鉄より高額ですが、メンテナンス費用、年月を経た状況を見ると、コストパフォーマンスが良いと感じました。

家を建てるとき、ほとんどの方は、コストとの関係でいろいろなことを断念せざるを得なることが多いかと思います。そして、何を譲れないのか考えることになるでしょう。
そのような場合、建物の一生の中で取り替えざるを得なくなるであろう設備機器等のグレードを落としてでも、基本的な部分(構造材、屋根)のための費用は、削らないようにしたいものです。

サビナシルーフ 139

遊園地西駅の屋根に使われているのは亜鉛合金板です。当時としては、高価な材料の一つでした。20年以上経た現在でも、錆が出ていません。

亜鉛合金板は、欧州諸国で100年以上の実績があると聞いたことがあります。それが、生産中止になったと聞き驚いています。中止した理由は・・・もっと良い材料が開発された?・・・何か問題があった?・・・なぜでしょう?金属板の中では、好きな材料だったのですが・・・。


材料 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示