FC2ブログ
2009/04/06

さくら さくら

2世帯住宅にするためのリフォーム工事が進んでいます。
1階のクライアントの居住スペースの上に、ご子息の家族が暮らすことになります。

ご子息は、床をフローリングにすることを希望されていました。しかし、戸建てでは、床の防音は難しく、1階のご両親に配慮し、絨毯をお考えでした。私たちは、お子さんがキャスター付きの椅子で勉強されるとのことを伺い、ある程度の硬さを持ったタイルカーペットを提案させていただきました。

絨毯は、ほとんどの場合下地にクッション材のフェルトを入れます。柔らかく、膝にも良いようですが、キャスターを使う場合、沈み込んで動かなくなります。また、車椅子の場合も同様で、移動に大きな力が必要になります。
タイルカーペットは、このような場合、程よい硬さを得られます。

hiyodori 015

満開のさくら。風も無く、暖かい日でした。

仕事 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 街で | HOME | 和紙のあかり »