FC2ブログ
2009/04/22

唐長

京都では念願の『唐長』へも行くことができました。

以前、床の間に唐長の唐紙を使ったことがあります。その時は、サンプル帳をお借りし、その中から選んで使いました。現在では、そのようなサービスは無く、修学院工房での打ち合わせによるようです。
代々伝わる版木が傷んできているためのようですが、少し敷居が高くなってしまったような気がします。

しかし、唐長の唐紙のすばらしさは期待を裏切りません。
唐長の三条サロンは、アンテナショップとも言えるかもしれません。唐紙をふんだんに使った空間で、唐紙の使い方、唐紙の魅力を満喫できます。興味をもたれた方には、ぜひ三条サロンへお出かけになることをお勧めします。美術館にいるような時間を過ごすことができます。
また、四条烏丸店では、カードなど買い求めることができます。

4月24日NHKの教育TV『美の壺』のテーマが『襖』のようです。
その中で、唐長の唐紙も取り上げられるのではと思って楽しみにしています。

唐長 067

京都では店先の『庭』も勉強になりました。
唐長の三条サロンでは、白い山吹、富貴草と共に、一株のクリスマスローズが植えられていました。
庭を造った方は、京都の老舗旅館『俵屋』さんの庭をなさる方と伺いました。
ご案内 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示