FC2ブログ
2009/07/02

スケールの感覚

大工さんから『どうしましょう?』と、電話がかかってきます。
またか!と思うことは、床のレベルの問題です。
スケルトンにしてのリフォームを除き、リフォーム工事では、『床のレベル』に悩むことが、ほとんどです。住んでおられる方はあまり意識しないようですが、リフォームを考える頃には既存住宅の床は、傾いていることが多いようで、工事の場合は『要注意』なのです。

間仕切を撤去して一室にするような場合、出入り口のレベルは同じでも、間仕切の壁を取ったら、それぞれの床に2cmくらいの段差があることがあります。
そのような場合、他の部屋との出入り口、掃出しサッシのレベルなど考えながらレベルを決めます。

何とか納まるのがほとんどですが・・・。

as  293

as it is
中村好文氏が設計された美術館です。広過ぎず狭過ぎず、大き過ぎず小さ過ぎず、スケールの感覚が心地よい空間でした。

日本茶を戴き、静かな時間を過ごしました。



建築 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示