FC2ブログ
2009/07/07

日生劇場の階段 村野藤吾

日生劇場では階段の曲線の美しさに目を見張りました。
そして、美しいだけでなく、踏面の奥行きと一段の高さが心地良いためでしょう、ゆったりと上り下りができます。

♂は、階段のディテールに感激していました。『池原事務所に勤務していた時は仕事に追われ、建物をじっくりと見る機会がほとんど無かった。もし、見ていたならもっと設計に生かせたのに。』と、池原事務所での仕事を振り返っていました。

murano kaidan  086

最高のものに触れ、体験し、それが新しいものを生む力になると言うことを、つくづく感じました。
建築 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示