FC2ブログ
2009/08/07

変わらないものは?

広島に原子爆弾が投下され64年経つと報道されていました。♂♀の父・母も子どもの頃、戦争を経験しています。♀の父が、12、3歳の頃終戦です。終戦の少し前、はぐれた弟を探すために、焦土の中、そのまま横たわっている死体を見て廻ったと聞きました。父だけでなく多くの人たちが、同様のまたそれ以上の悲惨な体験をされたことでしょう。

♂♀が、終戦の頃の父と同じ年齢だった頃は、食べることにも困らず、学校へ行き、帰ると友達と遊ぶ日々でした。今の子どもたちは、携帯メールで友達とやり取りしたり、パソコンでさまざまな情報を得ることができる環境にいます。
取り巻く環境が、急激に変化しています。

かつて建築でも、造り付け家具にテレビや冷蔵庫をすきま無く組み入れるのが、かっこいい時代がありました。しかし、組み入れた物の形状、機能が大きく変わり、もはや時代遅れの家具でしかありません。建物についても、同様のことが言えます。
『長期優良住宅』の促進が言われていますが、変化の大きさを思うと、『変わらないものは何か』が課題になりそうです。

京都町 009

蒸し暑い中、木陰があることがうれしく感じます。ベンチがあれば、疲れた体を休ませることもできます。
つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示