FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/06/19

光の質

これまで家庭で使われてきた白熱電球の、国内での製造・販売が中止される方向です。
政府の方針で、地球温暖化対策の一環です。
ガス削減効果は、全世帯が白熱電球を電球型蛍光灯に替えた場合、家庭からの排出量の1.3%にあたる200万tと計算されているようです。

白熱電球を使った照明器具を勧めた施主様に、良く電球が切れると指摘され、白熱電球の寿命の短さを実感した経験があります。
「蛍光灯は、点滅の多い場所に向かない」と言われていた点についても、改良されているようです。光の色の種類も増えています。

レコードがCD、DVDへと変わったように、時代の要求なのかも知れないと思いますが、白熱電球が無くなることは残念です。光の質の選択肢が一つ減ることになります。

掬水亭 照明3

所沢市にある、池原先生が設計された掬水亭の最上階の「天外天」の天井の照明です。設計に基づき製作された照明器具です。

「天外天」は、中華レストランです。フカヒレの・・・は、もちろん美味しいようですが、焼きそばも絶品です。今は、堤防の工事で多摩湖の水は抜かれていますが、多摩湖を囲む狭山丘陵が一望でき、天気の状況では富士山も望むことができます。(桜の季節は、ことのほか美しく思います。)
ぜひ機会をつくり、お出かけください。

建築 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。