FC2ブログ
2009/11/12

テキスタルデザイン作品展

11月13日(金)~15日(日)まで、入間市仏子のアミーゴで、所沢織物商工共同組合の繊維製品の展示会(タオル地のマフラーあるのでしょうか?肌触りが良く、今度はグリーンの物が欲しいのですが・・・。)会場で、テキスタイルデザインの作品展が開催されます。

入間市では、近代に入り繊維産業が盛んでした。西洋館を建てた石川製糸所が有名ですが、それとともに、レース織物の産地でもあり、『平仙レース』は、一時期、国内第二の生産を誇ったようです。
『野麦峠』のようなつらい話はなく、女子の教育の場のような存在だったと聞きました。

テキスタイル 019

週に一度・半年くらい開催されていたテキスタイル教室も今は無く、残念です。これは2番目の課題でした。用途は、椅子の貼り地です。ぼそぼそした感じの『織り』で、考えていました。
また、時間を見つけて描きたいと思っています。

出来上がった作品が、作者それぞれの雰囲気とあっていて、講評が楽しみでした。

仕事 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
YK2様へ
タオルという文字に反応しました。
我が故郷はタオル産業の町でした。今も。
タオル工場が軒を連ね、我が亡き母も内職で、いつもミシンを踏んでいたことを思い出します。
我が家の隣のお宅も、タオルの柄を織機に織らせるためのプログラム?をパンチする仕事をしていました。
カシャンカシャンという音が、懐かしく耳によみがえり、又、川には染色工場から流れ出た色水が何色も流れていました。もう何十年も昔のことです。
No title
『カシャンカシャンという音』入間市も、そういう音が響いていたようです。最近は、聞こえなくなってきましたが・・・。テキスタイル講座では、数少なくなった織物の工場を見学させていただきました。

今治は、アートディレクター佐藤可志和氏を向え、元気を取り戻しつつあると聞きました。

入間市も、がんばれ!と言う気持ちです。

管理者のみに表示