FC2ブログ
2009/11/24

住宅の基礎配筋

住宅の基礎には、何種類かありますが、地盤・建物によって適切な方法が選択されます。べた基礎の場合、規模にもよりますが、鉄筋がこのように入っています。所々においてある小さな塊は、コンクリートを打ったとき、鉄筋が下に押され沈まないようにするためのものです。これによって鉄筋への、コンクリートのかぶり厚さを確保することができます。

oo tei 1028 006

手前にぼんやり見えているのは水糸(みずいと)といい、水平に張られています。かつて建築工事(土木でも)で水平を知るために、水を張っていました。最近の現場では、水平をとるために水を使うことはありませんが、水平と言う意味で『水』と言う言葉が使われることがあります。
仕事 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示