FC2ブログ
2009/12/23

森の墓地

先日♂の学生時代のメンバーが数組集まる機会があり、建築に使う中国産の御影石はだいぶ安くなっているけれど『墓石』とは、なぜあんなに高いのだろうという話から、「スェーデンの建築家アスプルンドの『森の墓地』は本当にいいよね。」と。
残念ながら、♂♀は行ったことがありません。だいぶ前にテレビ東京の番組『美の巨人』で放映されたものが、宝物になっています。(VHSテープなので、DVDか何かに保存しなおしたいと思っているのですが。)

静謐な空気が伝わってくるような映像です。
そこでは、空間、建物もすばらしいのですが、森の墓地の考え方に共感しました。
大きな樹木が林立した場所があり、そこに散骨します。散骨した場所は遺族にも伝えないようです。そのため、美しい森全体が、神聖な場となっているとありました。

suiban 032

鎌倉霊園の合葬墓は、鎌倉霊園でも見晴らしの良い場所にあり、ゲートが無くなる、バラのアーチが加えられた、花台のデザインの変更など、当初から変えられた点はありますが、ランドスケープデザインは池原先生です。
正面の大きな石板には置かれた水盤は、池原先生のスケッチを元に作られた油土模型に、先生が手を入れ、型にし、ガラスで作られています。

昨日の鎌倉霊園は、3時だというのにだいぶ日が傾き寒い日でしたが、水盤は無限の空を映していました。
建築 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示