FC2ブログ
2010/01/22

気持ちよく目覚めるために

「どうも朝は苦手で・・・。」とおっしゃる方、多いのではないでしょうか? 「早起きは三文の徳 (『得』ではなく『徳』なんですね。)」ということわざがありますが、♀も朝早く起きて時間を有効に使おうという本を読み、何回か早起きに挑戦していますが、実は続いていません。

気持ちの良い目覚めについて、図書館で借りた本からもう少し。
生体のリズムを大切にすることが大切で、リズムには光が大きな影響を与えているようです。目覚まし時計で目覚めるのではなく、朝の光を浴びることを提案しています。試してみると確かに気持ちが良いのです。(時差ボケにも、光を当てるのが良いと言いますよね。)
これからは、徐々に日の出が早くなる季節です。プライバシーに問題がなければ、眠りに着く前に、窓をレースのカーテンにするのが一番簡単な方法のようです。最近では、タイマー付きの照明もあるので徐々に明るくなるよう、試して見るのも良いかと思います。

hiyosaki 268

光がたっぷり入る、弘前の洋館です。カーテンのかけ方など(最近では、窓廻りのしつらえのことをウィンドウトリートメントと言うこともあります。)参考になります。
つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示