FC2ブログ
2010/02/01

いつでも取り掛かれる『環境』

母がデジタルカメラで撮った写真を見ると『うまい!』と思うことがしばしばあります。その母から『パソコン、写真も気が乗らないと出来なくなって来ました』とメールがありました。さみしいと思う一方で、それは『環境』が影響しているのかもしれないと思いました。
テレビのリモコンを使い終わったら、きっちりとテレビのところに返すような、きちんと片付けるタイプです。パソコンも、普段はしまわれているので、使うときにセッティングすることになります。
だんだん億劫になるのが良くわかります。多くの方が、そのように思われています。「ミシンを使いたいのだけど、出しても全部完成する前に片付けなければならない。それを考えると億劫。」など、よく聞く話です。

作業中のものを、出して置ける場所、出しておいても気にならないコーナーがあると気軽にできます。一時の目隠しに扉やカーテンがあるともっと気軽に使えます。コーナーは、キッチン・居間の隅、場合によっては階段の下など工夫できます。SOHOとして、床の間を利用された方もおられました。

hutatnotaiyou 035

だいぶ暖かくなったので、近くの彩の森公園の様子を見に行きました。家族連れ、犬の散歩など、『こんなに利用しているんだ!』と思うくらい、多くの人がひとときを過ごしていました。
つれづれに  | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
億劫になって・・・それを信州では「ずくなし」と言います。
私も「ずくなし」なので、いつでも取り掛かれる環境は本当に大切だと思います。
いまPCの設置場所は、なんとクローゼットの中なのです。
床から50センチくらいの高さの棚において、不自然な格好で操作していますので、すぐ腰も痛くなり面倒くさくなってしまいます。
体に合った高さにしなければと思いつつも・・・それもやらない「ずくなし」な私です。

「もう少し」の方も見せていただきましたが、彩の森公園いいところですね。とくに2つの太陽の写真はいいですね。
私も「ずくなし」
hotahirox様

私も「ずくなし」です!
でも、「ずくなし」は健康に悪そうですね。腰は大事にしてください。
写真、いいと言ってくださりありがとうございます。私も、気に入っています。

管理者のみに表示