FC2ブログ
2010/02/16

快眠に理想の「気象条件」

みぞれだったり、今にも降りそうな重たそうな雲だったり、今週は寒い日が続きそうです。
冷たい風の中で、いつの頃からでしょう、乾いてしわくちゃになったバラが咲いていました。それはそれなりに美しく、また花のないこの季節うれしく、この先どうなるのかと心配しつつ眺めています。

rose 066

住宅のコンペがあるのですが、なかなか方針が決まらず眠れない日々(ココについては、ウソ。という声も聞こえてきますが。)を過ごしていましたが、なんとなくかたちが見えてきたら見えてきたで、うれしくて眠ることができません。参加している設計者の多くがこんな体験をしているかも知れません。

だいぶ前になりますが、朝日新聞に『快眠に理想の「気象条件」』という見出しがついた、加藤祐子さんのコラムがありました。室内のことかと思いましたが違いました。抜粋させたいただきます。『気象といっても布団の中の話。「寝床内気温」といい、ちょうどいい温度は約33度、湿度は50%といわれています。』
・・・確かに気持ちが良さそうです。 
つれづれに  | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
冬薔薇きれいですね。寒いなか一生懸命に咲いているのか、はたまた咲く時期を勘違いしたのか?
生き物は知らず知らず気象に左右されていますよね。お天気が崩れはじめると古傷が痛むとか、気圧が下がり始めるとテンカン発作が起きやすいとか・・・ボディーウェザーという本を昔読んだ記憶があります。
No title
お天気が崩れはじめると・・・わかります。体が重くなって、仕事がはかどりません。

今日、バラが切られたようです。どこかで、綺麗に(かさかさですが。)咲いていることでしょう。

管理者のみに表示