FC2ブログ
2010/02/20

遠山記念館 ディテールの意味

暖かかったり、寒かったりです。
昨夜は、車の窓が凍りつき、見えるようになるまで時間がかかりました。

春のような日に、遠山記念館を訪れました。正面の紅梅はまだ蕾でしたが、白梅はもう咲いていました。以前もどこかで書いたような気がしますが、白とか黄色い花が先んじるような気がします。オオイヌノフグリも、ひっそりと青い花をつけているようですが・・・。

tooyamakinenkan ume 159

『遠山記念館だより』を一冊いただきました。コラムに、設計した今井先生が、どのように考えてこのような建物にしたのかなど興味深いことが記されていました。
玄関天井のフレスコ=「先生(遠山元一)を象徴」、ロビー天井の十字花をかこむ楕円形のもの=「御母堂を象徴」』など、初めて聞くことがありました。
建物のディテール一つひとつに意味があり、思いがこもっていることを知り感動しています。

      もう少し


建築 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示