FC2ブログ
2010/03/24

物と物とがぶつかるところ

例年見事な目黒川の桜も、あとほんの少しの暖かさ(説によると、日照時間も関係あるらしい)で咲きそうな頃、池原事務所で一緒に仕事をした仲間から、オープンハウスの案内をいただき出かけました。

物と物とがぶつかるところ、丁寧に考えられて入ることが伝わってきます。
大きな三角の窓。それはデザインのためにデザインではなく、人と空間への思いやり。
とっても良い気持ちで帰ってきました。

ガンバルぞ!

100324

空間のアクセントになっている階段。デザインされた無垢の家具。左官職人による壁。

最近ではデザインのために、巾木(壁の床に接する部分に着く部材)の無い家も見かけますが、掃除機を使う家庭がほとんどの今、特に左官職人による壁の場合、巾木の有無で随分痛み具合が違ってきます。
建物を長く使うためには、こんな心配りも大切だと思っています。
もし、ご自宅に巾木が無い場合、掃除機を壁にぶつけないよう、雑巾でこすらないよう、丁寧に扱ってください。


建築 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示