FC2ブログ
2010/06/10

100年後に美しい町並みと思えるでしょうか?

開発業者が土地を取得し、建売住宅、若しくは建築条件付で売り出すからでしょうか、同じような新建材による住宅が建っているゾーンがあちこちに見受けられるようになりました。
かつての日本の集落は、同じような家が立ち並んでいました。軒の高さがそろい、同じような建築材料を使って町並みが作られていました。そのような集落は、大変美しく、これからも長く残って欲しいと思います。

長期優良住宅が推進されるようになり、開発が進む『街』にも新建材による住宅が建てられるようになりました。しかし、100年後に美しい町並みと思えるでしょうか?少し言いすぎかもしれませんが、そのような建物に、100年使えるようにするためのコストをかけるのがもったいないように思うことがあります。

gaiheki 177

壁と同系色の花が、自然な感じで、とても良い雰囲気をかもし出していました。

| Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示