FC2ブログ
2010/06/17

椅子の方が『腰』への負担が少ないように思います

昨日は埼玉でも30度を越えたようですが、夜はひんやりとして過ごし易いのは、真夏との違いでしょうか。日中、車を運転していて信号などで停止した場合、日影に入れば「ラッキー!」と心の中で叫んでいます。

国立近代美術館工芸館のアプローチの風景です。木陰にベンチでもあれば、ゆっくりとしたいような場所でした。

sitti138.jpg

家具の大まかなレイアウトを考えながら、住宅の図面を描きます。
位置を考えなければならない、大きな家具の一つはソファです。(実際に、置くおかないにかかわらず、置くとしたら・・・と考えます。)
もし置くとしたら、3人掛けのソファを薦めます。二人で座ってもゆとりがあり、横にもなれます。
また、その後『床座』の生活のなっても、ソファによりかかることができます。

狭い場合、二人掛けのソファをと考えがちですが、暮らしてゆく年月の中で、二人並んで座るとことが窮屈に思える場合もあります。そうなると、二人掛けのソファは、大きな一人掛けとして扱われます。横になるにしても、もう少し長ければと思ってしまいます。
3人掛けソファを置けないようであれば、一人掛けソファ、若しくは、ゆっくり座れる座の低い椅子が良いように思います。

『床座』の生活も捨てがたい魅力がありますが、年月を重ねると椅子の方が『腰』への負担が少ないように思います。



つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示