FC2ブログ
2010/07/29

床材としてのコルクタイル

今日は収納のセミナーに参加し、新鮮な気持ちです。
物には必要な奥行きがあり、それぞれにあわせるために、台形の平面形状を持つ作り付け家具など・・・。コスト面など諸条件が許せば自由な発想が可能です。

また、見せていただいたスライドに白いコルクの床がありました。
内装の『白』(最近の傾向です。)の分量には、ちょっと疲れるかも知れないと思いましたが、床のコルクの『白』には可能性を感じました。
コルクはあたりが柔らかく、床材として魅力的ですが、紫外線により退色します。タイルの特性として仕方ないとも思えるのですが、タイルの特性をそのままに着色できると利用範囲が広がるような気がします。

gh.jpg

リフォームで床にコルクタイルを使いました。転倒した場合も衝撃が少なく、断熱の面でも優れています。水廻りでも問題がないようです。
しかし、リフォーム後7年くらい経ちますが、若干ですが窓際はコルクの退色が見られます。



仕事 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示