FC2ブログ
2010/08/08

近づいてくる車の危険性を歩行者に知らせる

車は自分の能力と相談しつつ、走行している車の流れにのりながら結構楽しく運転しています。子どもの頃、駆けっこが遅かった♀は『追い越し』なんて無縁のことだと思っていたのですが、流れに乗って『追越』をすることもあります。自分の身体能力とは違った体験です。

運転していて気付いたことですが、前方を見るのは当然ですが、意外と後ろを見ていることです。
後ろから青白いランプを点灯した、ヘッドライトが釣り目の怖い表情の車がグングン近づいてくると、少しドキドキします。
何かの本で、近づいてくる車の危険性を歩行者に知らせるために、以前に比べヘッドライトを大きく吊り上げるなど『怖い』デザインにしていると読んだ記憶があります。誰にでもわかるようなデザイン,ユニバーサルデザインの一つとも言えそうです。

m 037

関越道横川SAからの妙義山です。
運転している時に、切り取りたい一瞬の風景に出会うことがあります。それは、刻々と変わる空・雲等、残念ながら自分の目に焼き付けさせる以外に手が無いのが残念です。


つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示