FC2ブログ
2010/09/03

美味しかったもの 羽生SAの冷汁うどん

こう暑い日が続くと何を食べたいのかわからなくなってしまいます。あまり冷たいものばかりでも健康に悪いような気がします。
何を食べたいのか・・・いろいろ考えて、東北道羽生下りSAで食べた冷汁うどんが美味しかったことを思い出しました。胡麻の風味が豊かなつけ汁に、新鮮な紫蘇、茗荷、胡瓜が爽やかで食が進みました。

tetu6.jpg

羽生の下りのSAには、著名なデザイナーが設計に加わったことを知り立ち寄ったのですが、囲炉裏があったのには驚きました。なぜ驚いたのかというと、囲炉裏の灰です。食堂の食品サンプルのような、樹脂による『つくりもの』だったのです。食品サンプルには『見本』という役割がありますが・・・。♂♀の頭の中では、今でも、大きな疑問符がついています。

先日お話を伺った木工作家さんは、鉄や合板に木目のシールを貼ったものが広く流通しているが、本物の木の良さを知る人のために仕事をしたいと話されておられました。いろいろなものを作ることが可能になり、多くの『それらしいもの』が出まわっています。『本物』と『それらしいもの』。欠点があるかもしれませんが、それをその性質と考え、できれば本物を使いたいと思っています。

写真は、鉄。小さな机の脚だったと思います。当初塗装されていたようですが、気に入らないとヤスリをかけたと聞きました。ヤスリの跡も美しく、鉄という素材の魅力が出ているような気がします。滋賀県信楽町の文五郎倉庫で撮影させていただいた写真の一枚です

材料 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示