FC2ブログ
2011/03/18

人とはなんて美しいものだろう

電気のありがたみを感じています。3月17日はこんなふうに過ごしました。

午前中:計画停電の中コートを着て打ち合わせ。遠方からおいでくださりありがとうございました。
午後:来客があるのでファンヒーターを付け打ち合わせ。こちらも遠方から。ありがたいことです。
こんな状況ですが、仕事は進みます。
夕方:忘れていた夕方の計画停電。パソコンの電源が突然落ちて気がつきました。
ほの暗い中で「住宅を設計する場合、エネルギーを一つだけに限定するのではなく、電気・ガス・灯油、それぞれを上手に使うことが大事だね。」と話しながら簡単な食事。(エネルギーはガス。着火は普段電気ですが、ここではマッチ。)
食後。♂は、計画停電が終わったら目を通す書類を持って自宅へ。パソコンでの作業が残っていた♀は、一時間くらい蝋燭の下で本を読んでいたのです、寒くなったので眠ることに。1時間くらい眠ったところで、電気がついて目が覚めました。思いっきり着こんで仕事です。

029.jpg

TVを見ながら涙しています。
被災された方の「頑張っているよ!」という声。
被爆の危険のある仕事を遂行している自衛隊の方々。
東電の方々も頑張っているはずです。
朝日新聞の天声人語に「人とはなんて美しいものだろう、人が人であるときには」とありましたが、全くその通りだと思います。

早く被災者の方々に暖かい場所を!
つれづれに  | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
本当にエネルギーを一つに絞らないこと大事ですね。
我家はオール電化・・・停電になったらとゾッとしています。
多様性とは、どんな状況になってもその生命が生き延びてきた最高の方策だったのですからね。
人の個性の違いもそうですね。その多様性があるから、いろんな状況でも適材適所というか、その人なりにその力を発揮して、助け合ったり支え合ったりできるのですから。
こんにちは
>人が人であるときには

人としてあり続けたいと思います。
でも人じゃなくなる時がある・・・
なんだか私は綱引きしてるような気がします。

被災地での治安の乱れも耳にしますが、
それでも感謝の念を忘れない一言と涙を目にするに
希望はそこにあるんだなと思ったりします。

No title
hotahiroxさまのお住まいは、オール電化でしたか・・・。オール電化は優れた点も多々ありますが、このような震災を経験すると、もう一つ二つ違うエネルギーが必要だと考えるに至りました。
昔の黒い電話と違い、最近の電話は、電気が止まると通じないものも多いようです。事務所の電話もそうです。この震災では、携帯電話もつながりませんでした。何か対策をたてねば。

人っていいなあ
Donさま
人・・・自分を振り返ると未熟モノです。もう『いい年
』ですが。
流れるニュースの中で、人っていいなあと思うことが何度もありました。年齢に関係ないようです。

管理者のみに表示