FC2ブログ
2011/04/05

コストに限りがあるのなら

ショップのデザインです。
既存天井が見苦しいので何とかできないかと相談を持ちかけられたので、おおよその予算から、大きな建築工事が生じないよう、布で天井を覆うことを提案しました。
壁面にも布を生かし、膨らんだ中に灯りを入れることで、ふんわりとした優しい空間になります。
そして、鏡によって空間に奥行きが生まれます。(奥が一面鏡になっています。角度によっては撮影する自分が映ってしまうので大変でした。)

模型を見て検討していただいたのですが、改修のための金額は、聞いた予算よりずっと低かったようです。
コストをかけないで実現できないかとお話があったのですが、実行予算と最初に伺った予算の隔たりが大きく、無難しいと答えざるを得なかったのが心残りでした。

shop h 15

モノを作るためにはコストがかかります。
「金」でできる繊細なデザインがあり、コストをかけないという理由で、同じようなものを「木」で作っても良いものにはなりません。「木」で作るのならば、「金」ではできない木を生かした『かたち』があります。

モノを作るうえでコストに限りがあるのなら、それを知った上での仕事の方が、良いモノができるような気がしています。


仕事 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
素材を生かす
以前はこのブログにお邪魔して駆け足で通り過ぎてしまい、今日じっくりと拝見し、同感!!と……。
遅めのコメントでごめんなさい。

インスピレーションがわいても、制約の中で実現するのが難しい時のジレンマ。
素材に向き合って生かす、ですね。
ありがとうございました。

Re: 素材を生かす
コメントありがとうございます。

> 素材に向き合って生かす、ですね。

そうです!
素敵な言葉をありがとうございます。
素敵です!
はじめましてe-454

じっくり見させていただいていたら
なんと素敵な内装でしょう!
こういう木の枝ぶりのあるインテリアの家を建てたいと
頑張っていたのですが・・・ちょうどあきらめかけていたときに、見させていただいて感激しました。

宜しければ、のちほどブログで紹介させていただいてもよろしいでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします
No title
のこのこ555 さま

ありがとうございます。
のこのこ555さまのおうちも素敵になりますように!

管理者のみに表示