FC2ブログ
2011/04/20

感動した一瞬を切り取りたいのです

『断捨離』とまではいかないものの、いろいろなものを整理しています。
処分しようとしていた古い雑誌の中に、心臓をギュッとつかまれるような1枚の写真を見つけました。
建築家丹下健三氏が撮影した、広島平和記念資料館建設中の白黒写真です。

おびただしい墓石の向こうに建設中の広島平和記念資料館。ものすごい力強さと重さ、そして物悲しさと。

これまで見た写真の中でも、記憶に残る一枚です。
雑誌は捨てずに手元におきます。

201104

雨上がり、射す光が雲の縁を金色に輝かせていました。残念なことに運転中。雲は刻々と形を変え、さっきの緊張感を持った絶妙な美しさは一瞬でした。

木々を揺らす春風もそうです。自分が感動した一瞬を切り取りたいと切望します。難しいです

つれづれに  | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
我が母校の大先輩丹下健三氏の写真は見たことがありませんが、d-laboさんの気持ちを掴まれたのでしたらきっといい写真ですよね。見てみたいものです。
またこのブログの写真もいいですね。
実体よりも影のほうが真実を表すような・・・春を感じます。
Re: No title
> 我が母校の大先輩丹下健三氏の写真は見たことがありませんが、d-laboさんの気持ちを掴まれたのでしたらきっといい写真ですよね。見てみたいものです。

凄いですよ!丹下先生を建築家としてすごい方だと思っているのですが、この写真を見て、ものを見る先生の「目」のすごさを知りました。古い雑誌のなかの写真なのですが、著作権がありそうなので、どこかで見ていただける場所が無いかとインターネットを探したのですが、残念ながら見つけることができませんでした。

> またこのブログの写真もいいですね。

ありがとうございます。そう言っていただけるとかなり恥ずかしいのですが、それ以上にうれしいです。

管理者のみに表示