FC2ブログ
2011/05/02

講演&対談 「建築家ヴォーリスと武蔵豊岡教会」

事務所のそばには、建築家ヴォーリス(これまでもブログで何度かご紹介させていただきました。)が設計し、1923年(大正12年)に建てられた武蔵豊岡教会があります。
来る5月8日には、教会のそばの黒須公民館で、ヴォーリスの研究家の大阪芸大の山形先生の講演、つづいて神奈川大学の内田先生との対談が「入間市の文化遺産をいかす会」によって企画されています。
その後、希望者は教会を見学することができるようです。

詳細は入間市の文化遺産をいかす会のブログをご覧ください。
    入間市の文化遺産をいかす会
ktoykai 006

国道16号線の拡幅工事にともない、道路予定地に建つ建物が解体され、教会がよく見えるようになりました。

入間市の市民でも、塔があることは知っていても、この佇まいを見たことが無い人が多いようです。教会は、16号線を挟んで反対側の西洋館とともに、入間市の文化遺産とも言えるのではないでしょうか。
この企画は、入間市にこのような建物があるということを知ってもらう良い機会になることでしょう。
展覧会 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示