FC2ブログ
2011/06/30

古い趣のある建物の利用 耕心館2

先日 友人と一緒に食事をした『耕心館』のホームページには、小さく『社会教育施設』とあります。
この建物の原型は、江戸時代末期に建てられた農家で、その後、醤油醸造業、養蚕業を営んでいたようです。教えてくれた友人の話では、フランス料理の店だったこともあり、今は、瑞穂町の教育委員会が管理しているようです。

歴史のある建物をそのまま保存することも一つの方法ですが、このように、古い趣のある建物を利用することは、建物を生かすことのような気がします。
入間市に西洋館がありますが、こんな風に利用されるといいのにといつも思っています。
ちなみに東京都新宿区にある旧小笠原伯爵邸は、東京都選定歴史的建造物ですが、素敵なレストランとして使われています。

093.jpg

耕心館は、友人と一緒に食事をしてから、もう一度行ってきました。どちらの時も、テーブルが埋まっていました。瀟洒なカフェ、レストランは、女性の来客がほとんどですが、ここでは、男性が多いことに気がつきます。男性も入りやすい空間、もしくは料金設定が入りやすくさせているのでしょうか。

つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示