FC2ブログ
2011/08/30

年月を経ても思い出を語れそうな学校

「パターンランゲージ」の著者クリストファー・アレグザンダーが設計した入間市の東野高校を見学することができました。

最初に見学したのが、パターンランゲージを読んですぐだったか、見てから読んだのか・・・。建物のいたるところに、パターンランゲージによる設計が見受けられると感じた建物です。20年以上前です。

パターンランゲージの詳細を忘れてた今、改めてみると、古くからの日本の街並み分解し、独特な感性で『組み立てた』ように感じます。

higasino-hs 078

一般的な学校にありがちな均一な空間とは違った、いろいろな場があるこの学校で三年間を過ごした生徒は、この空間をどう思っているのでしょうか?
もし、卒業した方が、このブログを見てくれたなら、教えていただけないでしょうか?

ちなみに♀が卒業した高校は、校門の正面に大きな階段があって・・・と、今でも自由な気風だったことと共に語ることがあります。





建築 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示