FC2ブログ
2011/12/16

風雨にさらされ灰色になった木の柄

堆肥を作る場所の囲いを作るために、長い木の柄がついた金槌で杭を叩いたところ、首元から折れてしまいました。
風雨にさらされ灰色になった木の柄、さぞ傷んでいるだろうと思いながらも修復するために削り始めたら、中からつやつやとした木が現れました。良く聞くことですが、まざまざと目にし驚いています。

20111216.jpg

秩父神社では、色とりどりの彫り物に目が行っていたのですが、すっきりと美しく刻まれた貫を発見しました。

建築 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示