FC2ブログ
2012/05/29

『シャルロット・ペリアンと日本』展

もう一つの行って良かった展覧会が目黒区美術館の『シャルロット・ペリアンと日本』展です。
昭和15年、37歳の若さで外国人指導者として商工省に招へいされたシャルロットはなんてかわいらしいのでしょう!招へいに先んじて、棟方志功の肉筆の巻紙の手紙が送られており、当時の外国人指導者への、期待が伺い知れます。

シャルロット・ペリアンは、日本の工芸に刺激を与えながら、それ以上に多くの日本的なものを吸収したように思えます。興味深かったのは、シャルロットが否定したものと言う形での展示です。一流の工芸作品ですが、『技術的に優れたもの』ではなく、シャルロットの『好き・嫌い』での評価であり、よりシャルロット・ペリアンを知ることができました。

こちらは、6月10日(日)までの開催です。

20120529.jpg

早稲田大学所沢キャンパスは、建設から25年を経て緑が生い茂り、自然と共存しているようです。大きく空いたガラスには、鳥がぶつからないようシールが張られています。それもとても『自然』に感じられます。


収納カフェオープン!!20120525 c1

展覧会 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示