FC2ブログ
2012/10/30

現場で確認して良かったこと

「タイルの張り始めをどうしますか?」と現場から連絡が入りました。一般的な部分については、図面で支持しているのですが、そこは斜めの部分。垂直に張られた部分と同じ目地幅をとると間の抜けた感じになります。
浴槽に入った時に目線が行く場所・・・とも考えたのですが、現場へ行くとタイルの目地を通さなければならないところが一目瞭然。

現場で確認して良かったと思えました。

20121030-2.jpg

おそらく昭和初期のタイルです。このタイルが貼ってあった流しを持つ住宅が解体されました。

タイルの目地。時々、無い方が良いのにと思うことがありますが、実は大事な役割をしています。
水がかかる部分、水がタイルの後ろに廻りにくくなります。


仕事 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示