FC2ブログ
2008/09/19

木のことをもう少し

埼玉県では県産木材の利用の促進のため、木に触れ、木を知ってもらおうと、学校などの公共施設に木材を使用することを進めているようです。子どもの時に本物に触れる機会をもてると言うことは、とても良いことであり大切なことのような気がします。

最近、木目調の加工品(メラミン、プリントされた塩ビシート等)を見て、木があるとほっとすると話される方が、少なからずいらっしゃることに気が付きました。見た目のことをおっしゃったのかと思いますが違和感を覚えました。

木が、割れたり、節があったり、また、置かれた環境で伸びたり曲がったりすることを知った上で、見た目だけでなく、匂い、手触りの良さ等を感じてもらいたいと感じています。

ななかまど5

9月1日、青森から十和田湖へ向かう途中の酸ヶ湯温泉では、既に『ななかまど』が色付いていました。そして、今日通った諏訪から伊那へ抜ける道で見たとても美しい黄色は、稲穂でしょう。
北と高地から、秋の気配が近づいてきています。


つれづれに  | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示