FC2ブログ
2009/01/08

印象に残った言葉

「科学は、肯定のための否定の連続」
TVで放映されていた、ノーベル賞を受賞した益川教授の言葉です。印象的だったので。
また、くらげの緑色蛍光たんぱく質を発見し、ノーベル化学賞を受賞した下村博士の賞状には『海』の絵が描かれていたようです。『くらげ』でなくて残念(?)というような事を話されておられました。

守谷邸絵画

スケッチをスキャナーで取り込み、トリミングしたものです。
気に入ったので、事務所の机の前にでも貼りたいと思い、拡大してみたのですが、全く雰囲気の異なるものになってしまいました。これは小さい方が良いようです。
PCに画像を取り込み、いろいろ触っていると、予想外の画像が現れることがあります。こんな壁紙があったらよいのにと思うこともあります。

WC・洗面など、アクセントになるような、きれいな色の壁紙が欲しいときもあります。日本のメーカーの壁紙に、『建築に使えるきれいな色』が少ないような気がし、海外の壁紙を使うこともあります。
備忘録 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/09/30

古材の扱い

朝日新聞フィールド・ノートより 古材のストック 『ひでしな商店』 (東京都江東区)

解体された古い民家に使われていた柱・梁・建具(障子・格子戸など)等は、現在ではなかなか手に入りにくいような良い材であったりします。そのまま柱・梁として、また、かたちを変えて利用したいと思う人が訪れるようです。
良い材料で作られたものは、その役目を終えても、再度利用できますが、合板と新建材で作られた最近の住宅は、隠れた巨大なゴミのストックになっているような気がします。

高山

高山の吉島邸です。障子が美しい影を作っています。
よく見ると、左の障子の組子の一段の高さは、足元は狭く、上とは違っています。また、右の障子では、意図的なのか偶然なのか、上は左が手前にあり、下は右が手前になっています。日本の建築のかたちを知った上での自由さ、さりげない遊びを感じます。
日常の暮らしのなかの、このような感性を、これからの人々にも伝えられるような仕事をしたいと思っています。

備忘録 | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME |